ゆとり式語学学習 〜長く続けるための学習法〜

英語などの語学の勉強をしていて、なかなかモチベーションが上がらないことありますよね。

 

語学力をあげる秘訣は「継続すること」です。

努力して継続していくと、確実に語学力は上がっていきます。

 

しかし、モチベーションをいつまでも高く保ち続けることは難しいです。

 

今回はモチベーションが上がらない時に有効な「ゆとり式語学学習」を紹介します。

ゆとり式語学学習とは

ゆとり式語学学習とは自分の好きな事で語学を学ぶ学習法です。 

 

好きな事っていつまでもできますよね?

例えばYouTubeで動画を見たり、ネットサーフィンをしたり

 

勉強のモチベーションがあがらない時は、自分の好きなことに自分の勉強している語学を取り入れる、それがゆとり式語学学習です!

 

モチベーションがあがらない時のサプリメントとしてして実践するもよし

現在試験合格等の明確な目標がない場合、ゆとり式語学学習をメインで実践するのもありです。

 

私も大学卒業から現在まで、ほぼゆとり式語学学習のみを実践しています。 

2年程前にTOEICを受けたときの点数は795点でしたが、現在模試では880点を取ることができています。

 

ゆとり式語学学習だけでも英語力の底上げができます。

目標のない方もとりあえずゆとり式語学学習を実践してみましょう!

 

ゆとり式語学学習はこんな人におすすめ

モチベーション編

「英語を勉強しないと、けどやる気が出ない」

「壁にぶち当たって英語がきらいになりそう...」

「仕事終わりで今から勉強するのはしんどい」 

時間不足編

「社会人になると語学学習に回す時間がない」

「今日は一日中おでかけするから勉強する時間がない」

「今日はたくさん英語を勉強した!ちょっと疲れたけど、休憩して休んでいる時間が惜しい」

英語(orその他言語)初心者編

「急がないけど、そのうち英語を話せるようになりたい」

「学生時代英語が苦手だっけど、久しぶりに英語に挑戦してみたい」

 

上記のどれかに当てはまれば、ぜひゆとり式語学学習を試してみてください!

ゆとり式語学学習のメリット・デメリット

ゆとり式語学学習のメリット

・簡単なので継続できる

・隙間時間を有効活用できる

・自然な表現が身に付く

・勉強している感がないので手をつけるハードルが低い

・語学力の底上げができる

ゆとり式語学学習のデメリット

・語学力をいっきに伸ばせない

・伸びしろが見えにくい

・完璧な英語を求めている人には向かない

 

短期間で語学力をあげたいという方にはあまりおすすめはできません。

 

テスト等の目標があるのならきっちり計画を立てて取り組まないと、目標の点数は取れません。

ただ、テスト勉強で疲れた時は、息抜きとしてゆとり式語学学習を実践してみるのもいいでしょう。

 

ゆとり式語学学習の活用例

ゆとり式語学学習はさまざまなメディアで活用することができます。

私が実際に実践しているのは以下の4つです。

 

・読書

YouTube等の動画

・音楽

・ネット記事、ニュース

 

もちろん、娯楽性のあるものなら何にでも応用できます。

ぜひ自分に合ったものを探してみてください!

 

ゆとり式語学学習を効率よく実践するコツ

ゆとり式語学学習を実践する際のコツをいくつか紹介します。

・語学力をあげるためにやらない

ゆとり式語学学習を実践している時は、できるだけ語学力をあげることは忘れましょう。

 

語学力をあげたいと思うと、どうしても肩に力が入ってしまいます。 

勉強するぞ!って意気込まずに実践してみましょう。

・自分のレベルに合ったものを選ぶ

自分のレベルよりも難しいものに挑戦すると、継続することが難しくなります。

調べなくても8割くらい理解できる内容のものがおすすめです。

・わからない単語があっても極力調べない

わからない単語をいちいち調べていたら、それだけで労力を使ってしまいます。

これでは普通の学習と変わりません。

 

わからない単語があったら前後の単語や文脈から意味を推測してみましょう。 

これができたら語学力は大幅にアップし、試験でも大いに役立ちます。 

・とにかく楽しむ!

これが一番大切です! 

楽しくないと思ったらすぐに別のコンテンツに変えましょう。 

まとめ

語学力を上げる為には日々の努力が必要です。

1つの言語を習得しようと思うとかなりの労力を要します。

 

しかし、いつまでもモチベーションを保ち続けることはなかなか難しいです。

ずっと張り詰めた状態だと、いずれどこかで折れてしまい、英語をきらいになってしまいます。

 

きらいな事をずっと続けるのって不可能ですよね。

こうならないためにも、語学学習に疲れたら無理して勉強しようとしなくてもいいんです。

再びモチベーションが上がるまで待つことも大切です。

 

モチベーションがあがらない時には、ぜひゆとり式語学学習を試してみてください!